Medical staff メディカルスタッフ職

作業療法士Occupational therapist

職種概要

患者さんの障害やニーズに応じた最良の治療を提供してQOLの向上を目指します。

国立病院機構のリハビリテーション部門は、国の掲げる「政策医療」を中心に脳血管疾患・心大血管疾患・運動器疾患・呼吸器疾患・神経筋疾患・精神疾患・がんなどに生じる障害に対して、患者さん一人ひとりの障害やニーズを考慮した、より効果的できめ細やかな治療が提供できるように日々努力しています。
また、高度急性期から急性期、回復期、慢性期に至るまで難渋する様々な疾患を中心に、専門性の高い医療の提供を目指しており、グループとしてのスケールメリットを生かしたキャリアアップを通して、多種多様な疾患に対する治療を経験することができます。

昨今、患者さんの多様化するニーズに対してチーム医療が推奨されており、近畿グループ各病院においても積極な活動が行われ、栄養サポート、呼吸ケア、緩和ケア、医療安全他、さまざまなチームの一員としてその専門性を発揮しています。退院支援においては、地域連携クリティカルパスをはじめとした、地域の医療機関との連携も強化されており、患者さんの機能回復及びQOL向上に貢献しています。
毎年秋に開催される国立病院総合医学会は、日本最大規模の医学会であり、全国各病院より積極的な研究発表が行われています。更に、機構本部をはじめ近畿グループ主催のスキルアップ研修も開催されています。
その他、職種毎に協議会を組織し、教育や様々な情報共有を行っています。

先輩からのメッセージを見る

研修・キャリア

採用後の教育研修

リハビリテーション部門の研修は、国立病院機構本部やグループ主催の研修会のほか、職能団体である理学、作業、言語の各協会主催の学会や研修会があり、積極的に参加できるよう職場環境を整えています。
また、各施設では、研修受講後に伝達講習会や定期的にカンファレンスや勉強会を行い、知識や技術の向上に努めています。

採用応募について

募集要項

募集要項を見る

作業療法士の応募方法は各病院の公募選考です。以下のリンクより募集中の病院をご確認の上ご応募ください。

募集状況を見る
  • 近畿グループ20病院のご紹介
  • 募集中の職種一覧